スーツの着こなしがキレイだと得します

 

 

何で今スーツの着こなしの話をするのかですが、スーツがキレイに着れていないと損するよという話です。人は見た目の印象がとても大切です。スーツであれカジュアルであれ見た瞬間イメージが決まってしまいます。アパレルの営業職だからこそ余計に気を遣っています。見た目って超重要。

  1. 人は見た目で判断するし自分もしてる
  2. 見てくれが悪いと損する
  3. スーツ姿はかっこいい
  4. スーツスタイルの注意点
  5. まとめ

 

1.人は見た目で判断するし自分もしてる

そんな事ねぇわ、と即行突っ込まれそうですが多分みんな気づいてると思います。人は見た目で判断する生き物です。もしそうじゃなければ美容院、洋服屋、化粧品、エステなどが何故存在してるのか教えて欲しいんです。人は見た目を気にするからこそ存在しているんですよね。人を見て目で判断してはならないという言葉の裏には人は見た目で判断されがちだだからこその言葉です。批判されると思いますが、私はまず人を見た目で判断します。顔をみて髪型見て、身なりを見ます。イケメンでオシャレな人っていい印象持ちませんか?ファッション雑誌が分かりやすいんですが、表紙になってる人ってイケメン、美人、可愛いいの大体どれかで。そしてきれいな衣装をまとってるんじゃないでしょうか。ファッション誌だから奇麗な衣装は当然ですが、不細工な人はあんまり表紙飾らないと思います。だってしょうがないんですよ。見てくれがいい方が売れますから。まず手に取っちゃうでしょ。その人がいい人だろうが悪い人だろうが、性格が悪かろうが、良かろうが。人は視覚情報でまず判断しますから。人はキレイなものカッコいいものが好きなんです。

 

2.見てくれが悪いと損をする

顔立ちの話をしているわけではありません。恰好の見てくれが悪いと損しがちです。高校生までのうちは制服というものがあるのであまり問題ないのですが、いざ街中に繰り出してみればもったいないなぁ、損してるなという男性サラリーマン良く見かけます。何が残念なのか。

  • 手入れしていない頭髪
  • スーツがよれよれ
  • シャツにシワがついてる
  • 消えかけのクリース
  • キズだらけの靴、色落ちしてる靴
  • ボロボロのくたびれすぎたカバン

上記で記述した2つ以上に該当するものを身に着けている人は本当に損してるなと思います。いい人だとしても、同時に人知れずみっともないなという印象も巻き散らかしてるんですよね。日本は女性の美意識が高いため大体みんな身なりがきれいなのに何で男性は見てくれを気にしない人が多いんでしょうか。男は中身で勝負とか思ってるんでしょうか。人間性は大事なんですが、この人と一緒に仕事がしたい!とまず初見で思ってもらわないとスムーズに物事進まないです。よっぽど話が上手でないとひっくり返すの難しいです。基本的に仕事は誰かと一緒にやるものです。じゃあ、一緒にやってくれる人にいい印象を持ってもらえる方が気持ちよく仕事できそうじゃないですか?私は身なりが汚い人とあまり仕事しないようにしています。理由は、自分の事しか考えておらず一緒に仕事する相手の事を気にしてない、興味が無い、故に仕事が雑だったり自己中な仕事の回し方をするんじゃないかなと色眼鏡で見ちゃう自分がいるからです。実際そういう人が多かったのも事実ですが。とにかく見てくれが悪いといい印象は初見で与えることは難しく、マイナス印象からのスタートになりがちだよ、ということです。せっかくあなたがいい人、相手の事を考えた仕事ができたとしても、見てくれが悪いだけビハインドを知らずにしょってしまってます。損してるってことです。

 

3.スーツ姿はかっこいい

今でこそオフィススタイルはカジュアル化してスーツやジャケスラみたいな必ずしもドレススタイルじゃなくても良くはなってきましたが、逆に選択肢が増えすぎてファッションに興味が無い人にとってはハードル爆上がりのような気はしています。何着りゃいいんだよと。みんなどんな感じの格好してんのとか。この格好ダサくない?平気?とかいらん心配しちゃいませんか。カジュアルの格好だと私服のセンスを見られるわけですよ。その点スーツだとある程度着方を間違わない限りカチッとした印象を与えることができるし、キレイに着れていればいい印象を持たれやすいです。わたしが言っているのは、ただスーツを着てればカッコいいということではありませんルールに乗っ取りキレイに着てるとカッコいいということです。ここが一番難しくて一番重要。でもカジュアルよりもルールが明快で分かりやすく、感覚を覚えてしまえば簡単です。それはサイズ感と丈の長さのバランス。この2点さえ抑えれば大体OKです。サイズ感と丈の長さのバランスが取れてると

                      とってもカッコよく見えませんか?SUITSはその文字の通り体に合ったバランスで着ればカッコいいんです。あとはそこに合わせるシャツの色柄、ネクタイの色柄、靴の組み合わせでさらにカッコよさが増します。袖の丈も、パンツの丈もばっちりです。もしもサイズが合っていなかったり丈の長さが合っていなかったら

                   こんな感じです。ポケットに手を入れてるのでわかりにくいですが、袖が長すぎなのとパンツの裾が長すぎてすこし不細工に見えてしまいます。サイズ自体は問題ないのですが、丈が合っていないためブサイクです。

4.スーツスタイルの注意点

上記でも記載させて頂いたように、注意する点としては

  • サイジング
  • 丈のバランス
  • きちんとアイロンのあてられたシャツ
  • ネクタイ
  • クリースの入ったパンツ
  • ビジネス用のソックス
  • 磨かれたドレスシューズ

これらが全て揃ってカッコいいスーツスタイルが手に入ります。簡単な話です。スーツスタイルはキレイで清潔感のある恰好を目指せばいいんです。カジュアルであれば少々汚れてたり、シワが合ったりサイズが合ってなかったとしても問題ないんですが、スーツスタイルは真逆です。奇麗なものを身に付ける事が何よりも肝要です。サイズの合ってないスーツはお直しするか、買い替えてください。シャツはキチンとアイロン当ててください。ネクタイはキレイに結んでください。ピカピカの靴を履いてください。一番自分への投資ですぐに成果がでると思います。あとはあなた自身をキレイに整えてください。髪を整え、ひげを剃ってください。ひげスタイルがやりたいならきちんと長さを整えて揃えてください。ただ伸ばしてるだけだとブサイクです。清潔感が重要です。

5.まとめ

書きたいことがまだまだありますが、いったん区切ります。ここで書きたかったのは営業職として数多くの人と接っしてきた中でのある程度傾向がみられるのかなと思いました。いつも自分の見た目を意識して小ぎれいにしている人は仕事ができる人が多い印象です。気張って着飾ってオシャレしてる人ではなく、清潔感を意識した小ぎれいな人の事を指しています。私が10年以上ネクタイメーカーの営業としてファッションベースで人を見てきたうえでのあくまで傾向です。

ブスとかブサイクだからとか、どうせ俺なんかと自分の事を卑下して欲しくないしあきらめたりしないで欲しいんです。あなたにはあなたにしかない能力や魅力が必ずあるんです。それを見た目で損するなんてもったいないじゃないですか。清潔感や見た目を小ぎれいにすることで人の印象は変えられるし、多少の努力は必要ですがキレイを意識すると少しずつですが色々変わってきます。スーツを着ろと言ってるんじゃなくてスーツを利用してくださいというメッセージです。仕事着としてのスーツスタイルは2005年のクールビズ以降減少傾向にあり、カジュアル化が進行しておりましたが2020年コロナの影響でリモートワークが普及したことで一気にスーツ離れが加速しました。2021年よりクールビズ廃止が環境省から発表がありましたが、ネクタイを締めたスーツスタイルが普通に戻ることはしばらく無理でしょう。無理にスーツを着ろという話ではなく、スーツを着ない人が増えた今、スーツ着て仕事してるほうが目立つんです。その上で着方を知ってると色々得するよというお話です。仕事以外でスーツを着る機会は必ず訪れます。着方知ってるほうが絶対いいですよ。

 

カッコよくなって欲しい人へのメッセージが色濃くでた内容ではありますが、スーツの着こなしをきっかけに自分を高めていって貰えればいいかなという願いもあります。もっと皆ちょっとだけで服の着こなしに気を遣えば自身の好感度上がるのになという思いもあります。アジア圏内で出張によくいくのですが日本人のファッションレベルは非常に高いなと感じるんですが若い人と女性に限られます。服装に気を遣わないおっさんはマジで国境を越えて不思議なほど恰好が良く似てるんですよね。もっとファッションに気を遣ってもいいんじゃないかなと思っています。日本人はスーツもっとかっこよく着れるはずなんですよね。

メーカー目線関係ない思いが中心の内容でした。次回はメーカー目線でビジネスアイテムの事を書いてみます。じゃあ、今日はこれで終わります。ありがとうございました。またお会いしましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました